スポンサードリンク

丸山ワクチン

丸山ワクチンとは〕
人型結核菌青山B株の熱水抽出物を精製したもので、当初、
皮膚結核やハンセン氏病の治療薬として、日本医科大学教授
であった丸山千里氏が開発を行った薬の事です。

昭和39年頃より癌の治療薬としての研究がおこなわれました。
昭和51年には抗癌剤として、製造認可を厚生省に申請を行いましたが
、臨床試験の結果などより癌に対する効果は認められないとして
製造認可は出されていないのです。
しかしながら、既に使用していた患者などからの要望により有償治
験薬としての製造が認めらたのです。
治験薬とは、厚生省の承認を得るための臨床試験に用いられる
薬剤のことで、有償とはこれが有料ということを示します。
薬剤の作用としては「非特異的免疫療法剤」となります。
すなわち、いわゆる抗癌剤のように癌に直接作用して癌を殺すので
はなく、免疫力を高めて患者の持つ免疫の力で癌細胞を排除しよう
とする薬剤です。


〔丸山ワクチンの治療を受けるためには〕
窓口である「日本医科大学附属病院ワクチン療法研究施設」で手続き
を行う必要があります。


〔丸山ワクチンの副作用〕
丸山ワクチンは副作用がないといわれる事もありますが、
実際には以下の副作用があるそうです。

発疹、蕁麻疹、発熱などのアレルギー症状。
悪心、嘔吐。肝機能障害。注射部位の疼痛、硬結、水疱、発赤、腫脹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。