スポンサードリンク

子宮がん

子宮がんと抗がん剤

術前化学療法とは抗がん剤によって腫瘍を縮小し、手術可能な
状態にする方法が標準です。 
状況によっては卵巣を残す事も可能となります。
シスプラチン/ランダまたはブリプラチンを使用し、放射線を
同時に行なう事がケースが多いようです。

1期から3期においては術前化学療法として上記の単剤使用の
ほかにフルオロウラシル/5-FUを併用する場合もあります。

4期においては、膀胱・直腸にのみ転移がある場合は放射線療法
だけを行ないます、そうで無い場合(4-b期)には抗がん剤を
使用する事があります。
シスプラチン/ランダまたはブリプラチンの単剤
パクリタキセル/タキソールとシスプラチン/ランダまたは
ブリプラチンの併用、カンプト/トポテシンとシスプラチン/ランダ
またはブリプラチンの併用、塩酸ゲムシタビン/ジェムザールと
シスプラチン/ランダ、またはブリプラチンの併用などがあります。

他に使用が考えられる抗がん剤は次のものです
ヒドロキシカルバミド/ハイドレ、イフォスファミド/イホマイド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。