スポンサードリンク

胃がん

胃がんと抗がん剤

胃がんの抗がん剤としてよく使われるものは、
塩酸イリノテカン/カンプト・トポテシンの単TS-1の単剤
もしくは、塩酸イリノテカン/カンプト・トポテシンと白金製剤
(シスプラチン/ブリプラチンかカルボプラチン/パラプラチン)
の組み合わせ、
メソトレキサート/メソトレキセートとフルオロウラシル/5-FU と
ホリナートカルシウム/ロイコボリンの組み合わせ、
パクリタキセル/タキソールまたはドセタキセル/タキソテールと
白金製剤(シスプラチン/ブリプラチンかカルボプラチン/パラプ
ラチン)の組み合わせとなります。

FAM療法
フルオロウラシル/5-FU
塩酸ドキソルビシン/アドリアシン
マイトマイシンC/マイトマイシン協和S

EAP療法
エトポシド/ペプシド
塩酸ドキソルビシン/アドリアシン
シスプラチン/ブリプラチン

ELF療法
エトポシド/ペプシド
ホリナートカルシウム/ロイコボリン
フルオロウラシル/5-FU
などを投与する場合があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。