スポンサードリンク

大腸がん

大腸がんと抗がん剤

大腸がんには以下の抗がん剤が適用されます。

IFL療法
塩酸イリノテカン/トポテシンまたはカンプト
フルオロウラシル/5-FU
ホリナートカルシウム錠/ロイコボリン

FL療法
フルオロウラシル/5-FU
ホリナートカルシウム錠/ロイコボリンが、有効であす。
また日本では未承認ですが、これに加えてオキサリプラチン
も欧米においては標準治療薬となっています。

他には、塩酸イリノテカン/トポテシンまたはカンプト(単剤)
テガフール/TS-1(単剤)や、塩酸イリノテカン/トポテシン
またはカンプトフルオロウラシル/5-FUレボホリナートカルシウム
/アイソボリンの組み合わせや、テガフール・ウラシル/UFT
ホリナートカルシウム錠/ロイコボリンの組み合わせ、
などの抗がん剤の使用があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。