スポンサードリンク

肝臓がん

肝臓がんと抗がん剤

肝臓がんの抗がん剤治療は以下の2種類が代表的です。

●肝動注化学療法
太腿の付け根、あるいは鎖骨下の肝動脈にカテーテルをつなぎ、
体内に埋め込んだポンプから直接抗ガン剤を注入する方法です。
全く同じ速度で抗癌剤を投与した場合の10倍以上の濃度が得ら
れる他、全身に回る薬剤量が少なくて済みますので抗癌剤に
よる全身的副作用を軽減できます。
門脈内にがんが進行した場合や臓器全体にがんが存在する場合や
治療困難な患者が対象となります。

●全身化学療法
肝臓がんの場合は抗がん剤を投与するケースは以下に限られて
います。
「肝硬変が無い事 かつ、他臓器にがんが転移している。」
この状態で、投与の可能性があります。肝がんの治療には
通常肝動注療法(局所化学療法)が用いられます。
化学療法はがんの種類や病期によって異なります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。