スポンサードリンク

前立腺がん

前立腺がんと抗がん剤

ホルモン治療が有効でないか、効果がそれ以上期待できない
場合にに対してのみ行われるのが一般的です。
点滴を用い、2種類以上の抗がん剤を8週間以上行います。
抗がん剤投与後は2〜3週間で対症療法として白血球増殖因子
の投与を行うのが一般的です。
前立腺がんの抗がん剤投与は副作用が見られることがあります。
主な副作用は白血球と血小板の減少、脱毛、嘔吐、吐き気、
食欲不振、下痢、貧血、手足のしびれ、 肝機能障害、
腎機能障害、倦怠感などがあげられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。