スポンサードリンク

肺がん

肺がんと抗がん剤

小細胞がんの場合は、標準的な抗がん剤の組み合わせとして
シスプラチン/ランダまたはブリプラチン塩酸イリノテカン/トポテ
シンの2剤併用もしくは、副作用のソフトなカルボプラチン/パラプラ
チンエトポシド/ラステッドまたはペプシドという組み合わせが考え
られます。

他に考えられる種類として、シクロホスファミド/エンドキサン
ファルモルビシン硫酸ビンクリスチン/オンコビンアムルビシン
などが有ります。

非小細胞がんの場合は、
非小細胞がんに対する標準的な抗がん剤の組み合わせとして、
カルボプラチン/パラプラチン、シスプラチン/ランダまたは
ブリプラチンなどの白金系抗がん剤に加えてドセタキセル/
タキソテール(縮小率10〜20%)、パクリタキセル/タキソール
塩酸イリノテカン/トポテシンまたはカンプト、
ビノレルビン/ナベルビンを加えた2剤併用が標準的です。

他に使用されうる抗がん剤にイレッサ(縮小率20%)、
UFT(縮小率10〜20%)、マイトマイシンC/マイトマイシン
協和Sアムルビシン、アムリタ(日本では未承認)
エクザール/ビンブラスチンなどが有ります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。